薄毛とストレスには関係がある?

薄毛とストレスについては、関係があります。薄毛の原因には色々ありますが、ストレスは特に薄毛と密接に関係しています。ストレスが多いと薄毛になります。ストレスが蓄積されると交感神経が刺激され、自律神経が乱れるからです。そうすると血行が悪くなり、髪の毛の毛根部に必要な栄養が届かなくなります。血行不良による頭皮環境の悪化は重大で、血行が悪くなると発毛サイクルの機能が狂ってきます。

ストレスで血行不良を起こすのは、血流を制御している自律神経が緊張することで血管が収縮し、栄養を運ぶ血液が減少するからです。ストレスが溜まると睡眠不足になり、充分な睡眠が取れないと、発毛サイクルの代謝活動がうまくいかなくなります。睡眠がしっかり取れている人は、成長ホルモンの分泌が活発になるので、薄毛予防に効果があります。ストレスが蓄積すると自律神経の制御がうまくいかなくなり、結果的に不眠症になってしまいます。また、過度のストレスは、自律神経に大きな支障をきたすので、内臓機能も低下させてしまいます。内臓機能が低下すると、タンパク質が充分に吸収できなくなるので、太くて張りのある毛髪に成長できなくなります。

頭皮湿疹の原因と解消法|頭皮環境を整えるシャンプー・美容液