育毛に関係するバルジ領域とは?

バルジ領域とは聞きなれない言葉ですが、近年の研究では育毛にとても深く関わっていることが分かってきています。バルジ領域とは、毛の根元よりも少し表皮に近い部分のことを言います。髪の毛の元である毛母細胞や毛乳頭を活性化させるためには、このバルジ領域が大切になります。バルジ領域は、発毛のための司令塔のような働きをして発毛因子を作り出しているということが2000年に発見されました。

その発毛因子が毛根の下に移動して変化して毛母細胞になるということが分かってきています。皮膚科の最新育毛療法でも、バルジ領域の活性化が行われていて新時代の育毛法ともいうことができます。バルジ領域には、毛包幹細胞という毛を作る細胞と色素幹細胞という黒髪にする2種類の幹細胞が存在しています。2種類の幹細胞にダメージがあったり活性が不十分になると育毛を妨げたり、白髪になる原因になります。バルジ領域の幹細胞が健康に保つことができれば、髪の毛がやせ細って薄くなることも白髪になることも阻止できるのです。オクタペプチド-2という成分は、バルジ領域の幹細胞を活性化させる働きを持っていると言われています。

頭皮の乾燥対策